2010大曲花火競技大会 Part3 ~当日編~ - ∞ Cruise Blue ∞

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010大曲花火競技大会 Part3 ~当日編~

2010年08月28日 00:00

2010.8.28(土)第84回大曲花火競技大会!!

いよいよ当日♪
スーツケースの隣りで両手を揃えたお行儀の良い子を発見
あーちゃん出発前
えーと・・・ あーちゃんはお留守番よ・・・
大好きな園長さんのいる保育園だよ♪

あーちゃんをいつもお世話になっているわんわん保育園に預け、羽田空港へ
8/28JAL1263 12:00羽田発→秋田
飛行機

飛行機から眺めるみどりの東北の景色。
日本海も見えて綺麗。
到着10分ほど前にちょうど花火大会会場の真上を飛行!!
たくさんのレジャーシートが見えて興奮♪
既に電子機器使用不可だったため写真は撮れず・・・

【13:30頃】 
秋田空港からレンタカーを借りて、いざ大曲へ!
高速は至って順調♪30分弱で大曲IC
大曲ICでの混雑を懸念したけど、御覧の通り少し並んでるねって程度。
大曲IC
【14:00頃】 
10分も待たずに降りることが出来た。
上り出口はすごい混雑なのかなぁ?

降りて初めに見かけたコンビニでビールや氷などをお買い物
そんなに混雑もなく普通に買い出し完了♪

その後も多少のろのろではあったけど、大混雑!って訳ではなく大曲駅近くのホテルルートインへ到着!

【15:30頃】
お部屋で荷物整理とちょっと休憩の後、会場へ出発!
【16:00頃】
会場(バナナロード入口)へ到着。30分弱は歩いた・・・
桟敷席C1
まだ人もまばらな桟敷席C

桟敷席C2
C席最前列から→P席→屋台→自由席→A席→雄物川と続く

とにかく・・・「めっちゃ暑かった!!!!」

大曲の花火先輩の意見を参考に準備には万全!のはず。決してなめてはいなかったのに秋田の夏をなめてました。
今年は全国的に酷暑で、特別だったのかな?
とにかく普通~に東京と同じように暑いんです。そりゃ~そですよね・・

昼間、会場まで歩くのに汗だく・・・
半そで&短パン&サンダルなんて寒い!という情報を鵜呑みにし、大曲の花火当日の服装はこんな。
【キャミ+厚手のノースリ+長いデニム+フラットシューズ】

別に特別厚着って訳でもないけど・・・いやいやいやいや、真夏の服装で全然OK!!
マキシワンピ1枚+サンダルでさらりと来た友達が羨ましい・・・正解です正解。

もうとにかく暑くて、周りの屋台や秋田の物産展みたいなお店も、立ち止まって見ようとする気がしない・・・
ひたすら歩いて会場に着いたけど、座っても暑い。
自由席では海で使うようなシェードやパラソルを設置している人もいて・・・羨ましい。日陰・・・

P席の皆さんも傘なりタオルなりで日よけ・・・
桟敷席CからP

P席からの視界はこんな感じ。
花火中も途絶えることない前を歩く人人人・・・と屋台の灯りが気になりそう・・・
桟敷席Pからの眺め

昼花火が始まるのが17:00
炎天下の中、始まりまで1時間待ち。ちょっと早かったかも。
周りもまだチラホラ。有料席はゆっくりなのね~。

【17:00~17:45】昼花火
昼花火なんて初めての私たち。
昼間の花火ってどうなの?見えるの? 色がついてるらしいよ?
見てみた感想・・・・
とにかく日差しが眩しくてよく見えない!
色がついた煙が見えるのだけれど・・・・
う~ん。ごめんなさい。素人には良さが分からなかったの・・・次回は夜からでいいや。(笑)

昼花火の途中で会場外へ買い出しに。
ビールとかお酒も豊富にあった。
屋台は、会場内より外の方が美味しかったし種類もあった。
おにぎりが少し売っている位で主食になりそうなものがあまりない。
お決まりの串焼き・たこ焼き・焼きそば・唐揚げ・ポテト・クレープ・かき氷など・・・
そうそう「横手焼きそば」は近くに見当たらなかったの。
見かけたら買った方がいいかも。
バナナロード入口より
座布団

秋田名物ババヘラはよく見かけた!
ババヘラアイス
買ってみたけど味は・・・・・・
ま、おばあちゃんの笑顔代ということで(笑)

昼花火が終わる頃のバナナロード入口へ向かう道。
人は多いけど、コロコロも引ける位。
会場まで

昼花火が終わり太陽が山へ隠れる頃、やっと!適温に。
昼花火と日没

20:00過ぎ頃までは、ノースリーブのままで全然OK。
その後薄手の7分袖を羽織ってちょうどいい位。
フリースなんて見たくもなかった・・・

問題のトイレ。
夜花火開始30分前にC席専用トイレに並んでオープニングに間に合った!
その後、大会提供頃まではずっと列の長さは一緒。
大会提供が終わったら、やっと半分になる位。

【18:50~21:30】夜花火
いよいよ夜花火開始!
オープニングはやっぱり観なくちゃ♪
いきなりナイアガラ!? C席最前列からはこの通り、下の方に観えま~す
花火2

「競技大会」と言われる大曲の花火。
1~27までの花火屋さん?が、↓の3つの技を競う。

1.10号割物A
2.10号割物B
3.創造花火

だから当然だけど、1つの花火屋さんが終わったら間が空くわけです。
そこが普通の花火大会と大きく違うところ。
その合間に、「大会提供」とか「100年記念」とか連続であがるプログラムになってます。

競技は↓の5点に注目して採点するのだそう。

・玉の座り(開)・・・最高点に達した時に開花するか
・盆・・・真円に広がるか
・肩・・・星が均一に飛ぶか
・消え口・・・星が一斉に消えるか
・色・・・色の美しさ

はじめにどーんという1発大きな尺玉があがるのだけど、同じデザインだったりする。
でも花火屋さんによってホントに違う!キレーな円だったりちょっと歪んでしまったり・・・
プログラムには自己採点欄まで設けられている。

今回、総合1位の山崎煙火製造所さんや、10号割物の部で1位の野村煙火工業さん
ホントにまんまるでキレーです。
(you tubeで検索してネ)

創造花火では「こんなの観たことない」っていう花火がたくさん。
いつもどーん・ばーん・イェーイ!っていう花火大会だったけど、静かな音楽に合わせてしっとりと観る花火もいい!!
(静かじゃない音楽もあるよ)

そして今回の花火でびっくりだったのは、「消え口」と呼ばれる花火の最後。
一斉にパっ消えるのが良いということすら初めて知った。
注目して観てると、ホントに一斉にスっと消える!!超キレー!
花火1
花火の写真てタイミングが難しい。
視界に入りきらない大きさのものはうまく撮れないので、小さめのばっかり。

日本三大花火と言われる大曲・長岡・土浦。
土浦は観たことがないので大曲と長岡ではどうか?

観終わったときには、大曲もいいけど、長岡花火の方がいいかな?と思った。
長岡は友人宅から観たので、今回の大曲とは距離が違う。
それでも確かに長岡の方が派手。長岡は打ち上げ場所に幅があるのかも。
視界に入りきらない程のフェニックスは大曲の大会提供よりすごいと思う。
(ちなみに1発ど~ん!という大~きな花火が好きなら「いたばし花火」もやっぱりすごい。)

けれど、競技の結果が発表されて、あーここはいつも優勝してるんだなとか、ここは東京の花火大会にも出てるんだーとか。
「花火屋さん」に興味を持つようになった。
だって同じ花火でも美しさが違うんだもの!
youtubeで振り返っては、「あーこの円が素敵なのよね」とか「この消え口いいねぇ~」とか言っちゃってるんだから。(笑)

花火師さんが造り上げた1つ1つの芸術作品を消え際までじっくりと観る。それが大曲花火の素敵なところ。
新しい花火の良さを知った大会。

あとはこれだけの人出なのに、意外と人の流れがスムーズだったのには感心。
有料観覧席もよく作られてた。
トイレの列で見えなくなっちゃうなんて配慮のない配置はされてない。

都内の花火大会はもうちょっと殺伐としてる雰囲気。
運営側もお客さんも。マナーが悪いのが目についたり。
最近は有料席が増えて場所取り争いとか減ったんだろうけど。

問題は距離と予算。毎年行くには遠いな~。

さ!帰りは大曲駅前のルートインまで!
C席から出口は近く。
ゆっくり出よう~なんて待ってると余計に混みそうだったので、待たずに会場を出る。

確かに桟敷席からの出口付近はすごい混雑。
警察官が階段への人数を調整して、流れを止めていたりするので、進まなかったりする。
でもC席で出入り口に近かったからか、少しぎゅうってなった位で比較的すぐに階段まで出られた♪
これがA席とかだと合流地点が多いから大変なのかも。
クーラーボックスが引けないと思ったのはこの「ぎゅう」の時だけ。
歩けない。進まない。ということは全くなし。
帰り道
ここは駅まであと1km弱の丸子川にかかる橋付近
左側の列は横手方面への電車待ちの列。
ここから既に駅まで長蛇の列!!!!

丸子川沿いにテント張ってる方もいたけど(いいのかな?)そこに泊まった方が楽かも・・
これは大変・・・・
ホテルをとるなら横手方面は避けたい・・・

今回宿泊したホテルルートイン大曲
コンフォートセミダブル 通常¥10,300(朝食付)→花火大会プラン¥35,000(朝夕食付)

ルートイン ルートイン客室 ルートインバスルーム

清潔感があって快適に過ごせた♪

汗をかいたので大浴場も助かったー
いらないと思った夕食も、23時までやっているので、花火の後にちょっと冷たいおうどんとか食べられたのは良かった。
(15時から食べられるので、その頃から食べてる方がたくさん。お昼代わり??)
1Fのトイレが深夜まで長蛇の列だったけど・・・まぁ仕方ないよね

大曲にはホテルがほとんどないので確保が難しいけど、ここでよかった。ていうか取れてよかった。
3か月前の0:00PC前で頑張った甲斐があった・・・

朝からの準備とたくさん汗をかいたお陰でクタクタ~
ホテル泊で幸せです。贅沢です。

花火師の皆さん、関係者の皆さん、周辺住民の皆さん、地元の皆さん、ありがとう!
花火を観賞した皆さん!暑い中お疲れ様でした!!

明日は、角館・抱返り渓谷・田沢湖へ!
★Part4 ~秋田観光編~
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cruiseblue.blog129.fc2.com/tb.php/15-d00140b6
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。